腕とか脚の毛がどうして、こんなに生えたり減ったりするのか不思議な件

「毛は剃れば剃るほど濃くなる」というのは、剃ることによって毛の断面が平らに見えやすくなるためで、単なる気のせいだ、と聞くのですが、やっぱり剃れば剃るほど濃くなっているように感じてしまいます。でも処理しないわけにいかないし、抜くと埋没したりしてもっとめんどうだし(そもそも、元々普通にまっすぐ生えていたのにどうして埋没なんかするんだろうと思ってしまいますが)、やっぱり剃るしかなくて剃ります。そうするとやっぱり濃くなっている気がしてもはやジレンマです。豆乳配合など、毛を薄くする効果が期待できるようなローションも試したりしましたが、効果は微妙なところ。結局、剃ってもすぐにまた、濃いめの毛が生えてくることの繰り返しです。眉毛や睫毛など、生えなくては困る毛もあります。けれどこういう毛に限って、間違って抜いたり抜けたりしてしまうとその後なかなか生えてきてくれなくて困ります。腕とか脚のいらない毛はすぐ生えてきてしまうのに。どうして場所によってこんなに違うんでしょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>