作成者別アーカイブ: higeshiraga

T字かみそりであれがこれあと

ムダ毛が気になる季節になりました。女性でしたら誰しもが通るムダ毛処理の季節・・・。 もちろん、ムダ毛の処理は人それぞれの価値観で方法も千差万別。 ファッションの一部として脇毛カラーなんかも海外では流行しているようです。 ちょっと前には、ワックスで脱毛ラボシースリーでも出来ない位 アンダーヘアがもつるつる。ハート型にもできちゃう。 なんていうのも流行していましたね。 今回はムダ毛処理について、自身の体験談を書いていきます。 ムダ毛を認識するようになったのは思春期、体の成長とともにいつのまにか生えてきた脇毛・・・。 ティーン向けのファッション誌などを読んで、脱毛について学んでいました。 大人になった今でも大差ないのですが、100円ショップにあるT字カミソリを購入して石鹸で体を洗ったついでに剃る。 これが定番でした。 高校生くらいになると除毛クリームなどの脱毛アイテムを試したり、新聞のエステ広告で永久脱毛なんかをマジマジと読んでみたりしていましたが、最後にいきつくのはカミソリでした。 腕や足にくるくると擦ると毛が無くなるという脱毛アイテムは、うぶ毛のような柔らかい毛には向いていましたが太くてしっかり生えた黒い毛には歯が立ちませんでした。 石鹸とカミソリが一体化したアイテムも当時は爆発的に人気で今でもシリーズ展開していますが、形が大きく使いにくくすぐにもとのT字カミソリに戻りました。 大人になってもしばらくT字カミソリを使っていました。 エステに行く友人も増えたり、話を聞くこともありましたが、エステは勧誘が怖いという祖母の言葉が自身に刷り込まれているためエステに行くことはとうとうありませんでした。 今後もないかと・・・。 そんな私ですが、最近になってT字カミソリを卒業しました。 きっかけはヒフ科・・・脚のすねの部分に湿疹ができてしまい、通院した際に看護婦さんに言われたんです。 「ムダ毛の処理、カミソリでしてませんか?」 そうですとお答えしたところ、看護婦さんは優しく私にこう言いました。 「カミソリよりもシェーバーがお勧めですよ。カミソリで処理をすると直接、肌に刃が当って細かい傷を作ってしまうんです。」 「安いシェーバーでいいので、お勧めしますよ。早く治しましょうね。」 びっくりしました。 今まで、ずっとカミソリを使ってきたので・・シェーバーを使うなんて考えたこともありませんでした。 シェーバーといえば、髭剃りのようにうるさいし・・・なんだか怖いイメージ。 それでも綺麗なヒフにするために、レディースシェーバーを早速購入して使い始めました。 初めてなので、怖かったのですが今では使いなれてきました。 肌も綺麗になり、つるつるの美脚です。 カミソリが肌を傷つけていたなんて、まったく考えたことがなかったです。 クリームや石鹸の泡でヒフを保護していると思い込んでいたので、意外な落とし穴でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アンダーヘアの新婚旅行で大失態

私が毛が出ててヤバイと思った思い出は、今の主人と新婚旅行でハワイへ行った時の思い出です。初めてのハワイに主人も私もハイテンションで、新婚だという事もあって、初々しさがありました。さまざまなプランを練って、ハワイを満喫していました。そのプランの中にスキューバーダイビング体験を入れていて、体験当日二人でワクワクしながら現地のビーチへ向かいました。私達夫婦の他に、新婚の夫婦が4組いました。スキューバーダイビングする事もあって、みんな水着を着ていました。しかも女性はみんなビキニでキレイにきめていました。私も初めて旦那に見せるビキニ姿なので、旅行前から可愛いビキニを購入して備えていました。そして初めて旦那にビキニ姿を公開しドキドキしていたのですが、周りの視線が何故か私の股間に…。「なんだろう?」と私も股間に目を向けてみると、なんとアンダーヘアーが…。そう、アンダーヘアーが水着からはみ出していたのです。周りも旦那も絶句で、私は恥ずかしさのあまりその場を逃げ出したくなりました。今となっては笑い話ですが、当時は、本当に最悪な出来事でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

髪の毛の不思議

私は小さい頃からくせっ毛で、髪の量が人の倍くらいあります。また、一本一本の髪質も太いため、髪の毛については昔からいろいろな悩みやコンプレックスがありました。ポニーテールをすれば肩が凝り、三つ編みをすればしめ縄に、結ばなければそれはそれは酷いことに……結論としてはおしゃれな髪型は早々に諦め、長く伸ばした髪の重さで髪の毛をおさえ、くせっ毛を目立たなくさせるという方法に落ち着きました。しかし女子たるもの、やはり髪型でもおしゃれをしたい! そこで辿り着いたのがストレートパーマでした。学生時代に何度かストレートパーマをかけ、なんとか女子高生らしいヘアースタイルを満喫しました。 髪の毛がもし、自分の思い通りになったら……どんなにすばらしいだろうと思ったことがしばしばです。髪の量がこんなに多くなかったら、髪がもう少し細かったら、あれやこれや。女子なら誰もが思うことだと思いますが、なかなか思い通りの髪を持っている人というのも少ないのかもしれません。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

髪の毛は家系?

毛髪の、多い少ないは家系の遺伝が大きく関係しているのでしょうか?不思議です。私は子供のころから髪の毛は猫毛と呼ばれるほど、細く少なかったのですが、姉は直毛で量も多かった。私は父親譲り、姉は母親譲りの髪質でした。人生が半分を過ぎたころから、益々私は髪の毛が細く少なくなり、今現在育毛剤のお世話になりながら、増えるかもと思い日夜努力しています。先日姉と電話で話している時、髪の毛の話になり、ここ一二年で急速に髪の毛の量が減少してきたと。女性ホルモンの低下で、髪の毛の育毛の力そのものが減少するのは、やはり本当の事のようですが、若い時の量の多さにかかわらずある年齢に達すると、みな平等に減るのかな。でも、男の人はどうなのでしょう。其々の連れ合いは、対照的です。義兄は寂しくなり、お出かけの際には必ず帽子着用、わが夫は真っ白。こんなに極端になるのは、ヒトゲノムの世界を知らなければ、解らないのかしら遺伝だけで解決する?やっぱり人間は不思議ですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

毛のDNA変更?

美容院に行ってカラーやパーマをするのはおしゃれというか、もうほとんどの人が経験してる常識レベルに思えるのに基本的なことは変わってない。持ちが良くなる様にもっと画期的な進歩が欲しい。 例えば毛根に10ccの溶液を注入すると1年間は同じ髪色を維持できるとか、生えてくる髪にもカラーやパーマが浸透してるように出来たらすごく楽だし、なにより根元だけ黒いとかパーマが伸びちゃってるというダサい状況に出会わなくてすむ。 美容院だってカットする人は変わらずいるわけだし、新しいDNAカラーとかDNAパーマとかを今まで以上に料金かかる設定にすれば、干からびることもないと思う。 実際に美容院に行った後はすごく気分が上がるけどしょっちゅういけるほど暇ではないし、あまり美容院にいる間の拘束時間が好きになれないから毛根に注入すると長く持つようになるDNA変更(勝手に名づけただけなのですが)誰か開発して下さーい。ちなみに毛先に行くほどダメージがひどくなっちゃうっていう所もどうにかできるDNAトリートメントもいいですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

くせっ毛の私

それほどひどいくせというほどでもないですが、毛先がすこしくるんとするくせっけです。 ですが自身の幼少期の写真をみて思ったんです。「さらさらのストレートじゃないか!」なのでいつから私自身くせっけになったのか、思い返せる範囲で思い返してみました。 まずは自信の産まれてから、年齢順に写真をみていきましたが。写真をみてくせっけに変わったのは小学校6年生あたりの写真でした。なぜなのだろうかと、考えたところ。確か小学校6年生の時に一度坊主にしたことがあったということ。そして髪が伸びた後くせっけになったのではないのかと感じました。 私自身野球をずっとやっており夏場はずっと坊主にして冬場は髪の毛を伸ばしていました、それは小学校6年生から高校卒業までです。 もしかしたらこれがくせっけの原因になったのではないか・・・ 現在のこのくせっけは、坊主によるものなのか。はたまた成長による体のなんらかのバランスのせいなのか。今の私自身のくせっけの原因はなぞのままである

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

意外と知られていない産後の抜け毛

意外と知られていないようだけれど、出産経験のある人はご存知の事実。なぜ妊娠、出産後に髪がたくさん抜けるのでしょうか。多くの女性が経験する産後の抜け毛。これも年を感じさせる原因のような気がします。毛がたくさん抜けるのでどうしても髪のボリュームが少なくなります。ヘアスタイルがぺったんこになります。なんだか年齢を感じます。以前、ネイルアーティストの決黒崎えり子さんの出産・育児に関するエッセイを読んでいたときにも、この話題が書いてありました。人前に立つ仕事をしておられるので、ヘアスタイルがまらず、ぺたんとなり困ったとのことでした。最終的にウィッグを使って解決されたのですが、そんなにボリュームが減るんだと驚きました。そしていざ自分が出産してみると、毎日の洗髪の時にまぁ良く抜けます。美容院に行ったとき、美容師さんにこの話をしたところ、個人差はあるそうですが、ほとんどの女性が見た目のボリュームが変わるほど抜けるとのことでした。そして産後半年以上たった今も抜け続けている私の髪。いったいいつまで続くんでしょうか

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

腕とか脚の毛がどうして、こんなに生えたり減ったりするのか不思議な件

「毛は剃れば剃るほど濃くなる」というのは、剃ることによって毛の断面が平らに見えやすくなるためで、単なる気のせいだ、と聞くのですが、やっぱり剃れば剃るほど濃くなっているように感じてしまいます。でも処理しないわけにいかないし、抜くと埋没したりしてもっとめんどうだし(そもそも、元々普通にまっすぐ生えていたのにどうして埋没なんかするんだろうと思ってしまいますが)、やっぱり剃るしかなくて剃ります。そうするとやっぱり濃くなっている気がしてもはやジレンマです。豆乳配合など、毛を薄くする効果が期待できるようなローションも試したりしましたが、効果は微妙なところ。結局、剃ってもすぐにまた、濃いめの毛が生えてくることの繰り返しです。眉毛や睫毛など、生えなくては困る毛もあります。けれどこういう毛に限って、間違って抜いたり抜けたりしてしまうとその後なかなか生えてきてくれなくて困ります。腕とか脚のいらない毛はすぐ生えてきてしまうのに。どうして場所によってこんなに違うんでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

パーマの毛がカクカク折れ曲がっていることに不思議を感じる件

中学生のころ枝毛を抜いていて、ふと弓型が連続した様な、90度ずつカクカク折れ曲がっている髪の毛を発見しました。 私はごく緩い天然パーマで一番巻いている毛も二センチ毎にカーブがやんわり反転する程度ですが、その毛は約二ミリ位の感覚で綺麗に直角にかなり正確に折れ曲がっていました。 それから何度か同じ形状の毛に出会いますが、数年に一度しか見ないレアな髪の毛で、見つけると抜いて観察してみたりもしますが未だに正体不明です。 端と端をつまんで引き延ばしてみても、弓型は崩れますが、直角に曲がっている個所に綺麗に折れ曲がり点が残りました。そして、通常パーマの毛であれば多少伸ばしてもしゅっと一瞬で元のカーブに戻るしなやかさがありますが、その髪の毛は元に戻らず、美しい直角の連続は壊れてしまいます。あまりに人工的なラインにとても自分から生えた自然現象と思えず、最初は髪に黒い繊維が付いていただけかと思ったくらいです。しかし引っ張ると、当たり前ですが地肌からしっかり生えています。 あの毛がなんなのか。月日がたった今でも謎です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

白髪対策を充実させて欲しい

日本人の場合、元々が黒髪のためよりいっそう目立つことになる白髪。一本、二本と少しだけ生えているうちは気になりませんでしたが、最近一気に増えてきてしまい、毎日悩んでいます。ハゲよりはマシ、というもののやっぱり嫌ですよね。髪の毛って別に色が付いている必然性がないような気がします。世界中の人が生まれた時から白髪なら、老化による悩みが少しは減ると思うんですが、なかなか真っ白の髪の毛という民族は見たこと無い。正直、髪の毛に色を付けるなんてところに栄養を使うくらいなら、他のところに回して欲しかった。特に薄毛でも悩んでいる身としては、せめてどちらか1つは改善したいです。薄毛対策は、効果はともかくそれなりにいくつかありますが、白髪対策は今ひとつ充実していません。まあ自分としてもどちらか選べと言われれば、迷わず薄毛を何とかしてもらう方を選ぶくらいですから仕方ないのかもしれません。でも、無いものを増やすより、単に黒くするだけなら真剣に考えれば何とかなりそうですが、やっぱり難しいんでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ